どんな人が適している

インターネットで簡単に理学療法士などの医療福祉の転職に関するハウツー情報や求人についての情報収集を行うことができます。
特に情報収集として参考にできるのが、転職を専門とする求人サイトとエージェント会社のサイトです。
求人サイトは、理学療法士を含め医療福祉関連を多く取り扱い、医療機関から福祉施設から一般企業まで掲載されています。
さらに履歴書から職務経歴書のノウハウや添削が行われ、専門家によるコラムなどが紹介されています。
また、エージェント会社のサイトも同様に求人から書類のノウハウ情報があります。
そして、登録者のみが利用できるキャリアアップのための講座やセミナーの情報が掲載され、申し込みも行うことができます。

理学療法士は、これまでは医療機関でのリハビリを必要とする方に向けて、専用の機器を使い、元の生活に戻れるように訓練を行う職種です。
しかし、近年では高齢化社会に伴い、福祉移設が多くなり、施設でもリハビリなどの訓練を必要としています。
このため、リハビリを指導する理学療法士の需要が高まり、求人も増えています。
理学療法士の求人が増えているため、転職を支援するサービスなどを提供する企業も登場し、転職が行いやすい環境になっています。
また、理学療法士は国家資格で、手に職がある仕事として人気が高く、キャリアアップの一つとして資格取得を目指す方が増えています。
特に医療福祉に携わっていない方が多く、今後も資格取得を行う傾向は増加すると予想されています。