収入について

私は理学療法士になって整形外科のクリニックで外来リハをしています。
私のようにクリニックで働く人もいれば大きな総合病院、老人保険施設などで働く人もいます。
理学療法士は資格さえあれば求人も多くどこかしらに就職するのは問題なく可能ですが人気があるところは競争があり、条件がいいところが多いです。
給与や福利厚生、休日関係を見ても羨ましいところもあります。
給与や福利厚生には差があると思いますが、休日に関してはきちんと休めると思います。
残業が多いことや、休日出勤などもほとんどないと思います(私はありません)。
なので自分の時間を作ることができる職業だと思います。
理学療法士は生涯勉強をしていかなくてはいけない職業なので、勉強会に多々参加しますが会費が高い勉強会も多く出費がかさむ場合もあります。
ですが病院によって勉強会費をバックアップしてくれるところもあり、非常に勉強しやすい環境のところもあります。

私は今の仕事に誇りを持っています。
どこか不自由を抱えている人を自分の手助けによって助けることができるというのは素晴らしいことでもあり、とても難しいことでもあります。
この難しさを乗り越えて患者様の笑顔が少しでも出てくれるとそれまでの苦労は忘れてしまいます。
もちろん知識や技術も必要ですが、私は人間性を全面に出して患者様とお話をして盛り上がったり、相談に乗ったり、世間話をしたりしています。
これだけでも人間って不思議なもので体の調子が良くなる方々もいらっしゃるので、話すことは大切なんだと改めて感じました。
現在、医療福祉の問題などが取り上げられており医療業界も大変な時代の中、理学療法士も多少なりその影響を受けています。
ですがまだ理学療法士という言葉を知らない人が多々いらっしゃると感じていますので、少しでも多くの方に理学療法の素晴らしさやリハビリの大切さを知っていただきたいと思っています。