どんな待遇があるの

理学療法士は言うまでもなくリハビリテーションのプロフェッショナルである。
医療機関でのリハビリテーションが代表格であるが、福祉介護施設での機能訓練指導員などもある。
現代社会は超高齢化社会を迎えようとしている。
当然ながら、リハビリテーションへの需要は高まる一方である。
それに伴い、理学療法士への需要も多様化している。
選ばれる時代は終息し、理学療法士の争奪戦が今後は展開される。
これは特に福祉、介護事業方面から増す事が予想出来る。
事実、昨今のリハビリテーション特化型の通所介護事業では、理学療法士の在籍有無が集客を大きく分ける要因となっている。
経営者サイドは利益的側面から、利用者はリハビリテーション的側面からセラピストを待ち望んでいる。

理学療法士の転職市場は、今後多様化し、ニーズは高まる一方と先に述べさせてもらった。ここでセラピストサイドには何が起こるのか。
それは、各職場で求められるリハビリテーション内容が大きく変わる事である。医療現場で、福祉介護現場で、もっと細かく言えば通所か訪問かでも全く異なってくる。
自分が目指すリハビリテーション像がどこに有るのかを今一度整理して、転職戦線に挑んだ方がいいと思われる。整理した上で転職をしないと、理想と現実のギャップが大きすぎる。
しかし、活躍の場の多様化で起こる事の最大のメリットは求人の増加にある。求人数が増える事は、イコール選択権が自らに与えられる事に相応する。
求人数が増えると採用側は面接に至までに苦労する。つまり採用率は飛躍的に上がるのだ。
常にドラフト一位状態になるからこそ、冷静にその現場を判断してほしい。